8万6千4百秒の贈り物

レイキ
02 /23 2011
写真素材 PIXTA
(c) ナンティチャー写真素材 PIXTA



レイキとREIKI―西洋と東洋の視点から見る“レイキの現在”レイキとREIKI―西洋と東洋の視点から見る“レイキの現在”
(2006/12)
宮沢 邦夫、望月 俊孝 他

商品詳細を見る



レイキ関連の書籍はたくさんありますが、
この本は、数々のセミナーと著書で知られている
ヴォルテックスの望月俊孝氏と、

医師の立場でレイキ療法を取り入れた治療と
予防に携わっている宮沢邦夫氏との共著であり、
お二人の対談も収録されている、とっても
ユニークで分かりやすい一冊です


この本の中にこんな詩が書かれています。




「8万6千4百ドルの銀行預金」

次のような銀行預金があると考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ8万6千4百ドルを
振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、8万6千4百ドルの中で、あなたがその日に
使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?

もちろん毎日8万6千4百ドル全額引き出しますよね。

私たちは一人一人が同じような銀行を持っています。


それは時間です。


毎朝、あなたに8万6千4百秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった「時間」は
消されてしまいます。

それは明日に繰り越されません。

それは貸し越しできません。

毎朝、あなたのために、新しい「口座」が開かれます。

そして、毎晩その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の「預金」を使い切らなければ
あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた「預金」の中から
「今」を生きないといけません。

だから、与えられた「時間」に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために、最大の
物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。

今日という日に最大限の物を創りだしましょう。






本当は、まだまだ続きます(*^^)

これを読んで、私はハッとしました。

生きていると、悩みも考え事もひっきりなしに出てきます。
文句の一つも言いたくなること、毎日のようにありますよね。

だけど、大切な「今」、この一瞬
落ち込んで愚痴を言ってる時間があったら、その分
好きなことで頭をいっぱいにしたい

大切なことや大切な人を思っていたい。

アッタマきちゃったこと
やりきれないこと。。。(-"-)

フォーカスするのはそっちじゃありませんよー(^-^)

そんな時間がもったいないですものね

大切な「時間という預金」
私たちの今は、今だけ!

今、この時を。。。
感謝と愛と夢と希望で満たしてあげたい

私、さっそく今日1日実践してみましたよ!

イヤなことが頭に浮かんでも、すぐにこの「時間」の
ことを思い出すの。
するといつもより簡単に気持ちを切り替えることが
できるんですよ(*^_^*)


この詩はこんなことばで締めくくられています。


最高のタイミングは・・・・・・・

「今日」そして ちょうど「今」







hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。