愛に生きる

優しい時間
04 /29 2012
P3200454_convert_20120423222200[1]


この世界は愛で溢れています。

・・・というと違和感を覚えますか?

こんなに暗くて不安になるニュースが飛び交ってるのに。。。?
一見平和に見える家庭や学校内でも、中に入ってみてみると、
小さないざこざが絶えない。
それに、世界のどこかでは必ず紛争が起きているというのに。

愛し合っている恋人同士でさえ、ヤキモチやちょっとした意見の
食い違いから、すぐにケンカに発展しちゃう。

それでも愛に溢れた世界だというのかな。。。

それでも愛で溢れていると私は思うのです。

愛しているから、その人を大切にしたいと思う。
愛しているから守ってあげたいと思う。
愛しているから、ずっと助けあい、人生を共に歩いて行きたいと思う。

では、この世界で絶えることのない、人と人とのトラブルは。。。?

それも愛があればこそ起こること。
愛したいから、愛が欲しいから。
わかってほしくて伝えたいのに伝わらなくて心がすれ違ってしまうから。


マザー・テレサは、たくさんの愛の言葉を私たちに残してくれました。


 愛の反対は憎しみではなく無関心です。

 この世で最大の不幸は、戦争や貧困や病ではありません。
人から見放され、一人ぽっちで誰からも必要とされず、
愛されていないと感じることなのです。


 世界で一番恐ろしい病気は孤独です

人をいじめてはいけない。
当たり前のことですが、一番ひどいいじめというのが「無視」だと
聞いたことがあります。

人は孤独では生きてはいけません。
そこに愛がないから。。


自分を守りたい。人を守りたい。
自分のことをわかってほしい。人の気持ちを受け入れたい。

トラブルは、そんなところから起きることがしばしばあります。
それは、愛あればこそです。
だからと言っていがみ合っていいことなどありませんが、
人とはそれほどまでに、自分でも気づかないうちに愛を求め続けて
いるものなのです。

今、なかなか前に進めない、うまく事が運んでいかないということが
あるとしたら、それはマイナスの現象が起きているのではなくて、
ただ、愛が思わぬ方向に作用しているだけなのかもしれません。

すれ違いも、嫉妬も、憎しみも、本当は愛の一部だと知ってしまえば
なんだか愛おしく感じられたりもします。

一人一人がそこに気づき、少しでも心を開放して愛の向きを
軌道修正することが出来たら、この世界は本当の意味での
愛にあふれた世界になるのかもしれません。

無理なく出来ること。。。
道行く人に、笑顔であいさつするだけで、お互いの心が明るくなるなら、
いますぐ始めよう。

たくさんの愛でいっぱいにしたい。。。

私たちは愛に生きています



★ もし、貧しい人々が飢え死にするとしたら、それは神がその人たちを
愛していないからではなく、あなたが、そして、私が与えなかったからです。

★ いずれにせよ、もし過ちを犯すとしたら、愛が原因で間違った方が素敵だわ。


                            -マザー・テレサ-








hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。