日常の奇跡

優しい時間
05 /28 2012
!cid_01_120528_225322__821N@softbank_ne.jpg


先日の金環日食。。。
ちょうど日食が見られるのが、朝の通学や出勤と重なる時間帯ということで、
慌ただしく過ごした方も多いみたいですね。

この日、私はいつもの月曜日の朝で、いつものようにバタバタと、
お弁当づくりやもろもろのことをこなしているところでした。

一方、私の彼は、いつもより早く出勤して、仕事が始まる前に、みんなで
その天体ショーを見ていたのだそうです。

7時頃から時々彼から電話がかかってきて、実況中継をしてくれて。

「すごいよ!自分の影や、木漏れ日の感じがいつもと全然違うんだよ!
外に出て見てごらんよ!」と。

私は、そうしたいと思いながら家事の合間に時々外に出て、遮光板を
通して空を見上げるだけでした。
そうして慌ただしく家を出て、仕事に向かったのでした。



そして昨日、やはりその日の天体ショー。。。の間、下界で起きている
感動的な現象に浸っていたという友達の話を聞いて。。。
私は、ハッとしたのでした。

月が太陽と重なっていく間、みんなが空を見上げている間、
自分のすぐ身近なところで起こっている素敵な変化を、楽しんでいる
人がここにもいたんだ。。。と思って。

私ときたら、その「遠くの形」ばかりを気にして、すぐそこにある、
素敵な奇跡をちっとも見ようとしなかったのでした。
何度も「見てごらん」と、メッセージを受け取ってるのに(^^ゞ

毎日忙しくしていると、つい口癖で、「そんな時間は無い」なんて
言ってしまいそうです。

でも、同じように時間は与えられているし、自分より忙しい人も
たくさんいるし、そもそも、時間をどのように遣うかは、自分で
決めることなんですね。

そのとき何を見るかも自分で決めること。

私はあの日、素晴らしい奇跡をこの目で見ることよりも、日常の
忙しさに流されることを選んだのでした。

一瞬一瞬、何を見て、何を感じるか。。。
その積み重ねが、その人の人生を創り出すのだと、改めて気づかされました。

そして。。。
宇宙は私にこんなメッセージをくれました。




奇跡はいつも起きている。
あたりまえにそこにあるものなどなく、
そこにあるものすべてが奇跡である。
花も緑も、光も影も、あなたも私も。。。
宇宙でたった一つの奇跡である






hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。