自然に触れて気づくこと

優しい時間
06 /09 2010
最近エンジェルカードを引くと、なるべく自然に触れてくださいという
メッセージがよく出てきます。

ここ数年、時間に追われ、忙しいことばかりに気を取られて
家の敷地内ですらじっくりと見ることはなかったのですが、
最近は、庭木の手入れやお花の手入れ、そして大変な草取りも
それがストレス解消になるくらい、好きになり、楽しんで
出来るようになりました。

草取りをしていると、去年のクリスマスローズのこぼれ種から
芽が出ているのを発見

今年の種も、たくさんこぼれています。
その種を拾って集めて今度種を蒔いてみようと思いました。

難しいことは分かっていないのですが、小さなたくさんの芽を
見ていたら、この種一粒一粒にも生命が宿っているんだなあと
とっても愛おしく感じたのでした。


生きているってそれだけで美しく、素晴らしいことですね

朝起きて身体が動く。

深呼吸してみる。呼吸が出来た。

カーテンを開けて外の景色が見える。


普段無意識にしている呼吸ひとつとっても出来ることが奇跡です。
その奇跡に感謝することってありますか?

私も最近つい忘れてしまいます。

今から5年ほど前のある日の深夜、眠っていた私は突然の息苦しさで
目を覚ましました。

どうしてこんなに苦しいの?

窓を開けたり深呼吸をしてみたり、いろいろしてみるけど
良くなりません。

息を吸っているのに入っていかないのです。
苦しくて怖くて怖くて、同居している妹を起こして救急車を呼ぼうか、
夜間病院に行こうかとバタバタしているうちにだんだん治まって
きて。

父を心臓病で亡くしているので、私もそのまま死んでしまうのでは
と思ったのを覚えています。

翌日病院に行き検査をしても異常なし。

その後も何度か同じような症状が起きてある日やっと
それが「パニック障害」だとわかりました。


その頃の私、家庭内のことで悩んでいて、自分が頑張らなきゃ、
なにがあっても頑張らなきゃって無意識に自分を追いつめていた
時期でした。

私一人が頑張ってどうなるというものでもないのに。
もうエゴの塊で・・(^^ゞ

あの頃、私の周りにいた人たちは、私を見ていて苦しかった
でしょうね。

感情を無理に抑え込んで自分では平気だと思っていても
魂には嘘はつけません。

それまでもこのままでは良くないってお知らせが
きっと来ていたはずなんです。

その声を聞こうともしない私に、分かるように警告して
くれた結果が「パニック発作」なのでしょう。

現在は発作が起こることはありません。
でも呼吸が出来なくなる恐怖はふとしたきっかけで
よみがえってきます。

そのときですね。

普通に息をしてる・・・。
私はなんてしあわせだろう・・と思えるのは。

自然と触れ合うということは、生命と触れ合うと
いうことです。

生命は愛。美しい奇跡

私たちひとりひとりが奇跡。人と人が巡り合うのも奇跡

時々はこの美しい奇跡に感謝して、出会えた人に感謝して、

そして自分の身体に「いつもありがとう」と、ハグしてあげましょう

そうすることで、きっと魂が喜んで、元気になれることでしょう(*^_^*)
















コメント

非公開コメント

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。