それでも今を生きていこ

優しい時間
06 /03 2014
以前勤務していた総合病院には、
大量の薬を飲んだり、リストカットをした人が
頻繁に運ばれてきていました。
ご存知でしょうか。
アレルギーなど、特別なことがない限り、大量の薬を飲んでも
死んでしまうことはありません。
大抵は翌日くらいに目覚めた時点で退院です。
医療費もかかるし、自分にとってもいいことはないんだけど
こういうことは後を絶ちません。

苦しくて悲しくて苦しくて、どうしようもなくて
「もう死んでしまおう。。。」と決めた瞬間、心が軽くなったという
ことを聞いたことがあります。
そうして繰り返してしまうのだと。

先日、一人暮らしの友達が薬を飲んで浴槽で手首を切って
しまいました。
すぐに病院に運ばれて、翌日には家に戻ることができました。

彼女が戻る前にその浴槽を片づけていたとき、私は
「これが生きているってことなんだな」と思い、胸が痛くなりました。
心は目に見えないけど、身体と同じように痛かったんだろうな。
楽になりたかったんだろうけど、身体から流れた血液の分だけ
心にも傷をつけてしまったことを自分でも気づいていないのだろう。

スピリチュアルに生きている人は、魂は永遠で、この身体がなくなっても
永遠に生き続けると信じています。
この人生を自分で選び、生まれてきました。
自分で選んだ人生というトンネルの扉を開き、そこでの学びを終えて
そのトンネルを出たときには、素晴らしい光の世界があるといいます。
だけど、自殺だけはそうはいかない。
もう一度同じことを繰り返さなければならないことがわかっていたら、
自分で命を絶つなんてことはとてもできません。

ただ、長年鬱病の母を看てきて、どうにもコントロールが出来ないことが
あるということはわかります。
それでも自殺していいことなんてありません。

彼女は今、心を休めるために入院療養しています。
スピリチュアルな話は受け入れられなくても、せめて
今の自分の現実、病気を受け入れて、治療をしてほしいと
思います。

この世界には、いいことも悪いこともあります。
いえ、いいこともわるいこともなくて、ただそこに在ると
言った方がいいのかな。
自分のいいと思うことがほかの人にとっていいことではないし、
自分の常識がどこでも通用するわけではありません。
もともとはすべて中立なんです。

意味づけをするのは私たち。

相手に対して思うことは、自分の内面の投影だとよくいいますよね。
私たち、本当は全部知ってるんです。
顕在意識と潜在意識、なんて分けているけれども、それも人間が
勝手に分けているだけ。

ただそこに意識があるだけ。

見たくないものを内面の奥深くにしまって潜在意識と名づけたのかな?
すごく悩んでどうしていいかわからなくても、答えは必ず自分の中に
あるものね♪

生きていくのは大変ですね。
だけど、頭の中にテレビリモコンを埋め込んでみて(笑)
そのリモコンを自分の意識で操作するんです。

悲しい悲しいドラマからお笑い番組にチャンネルを合わせてみると。。。
なにかが変わってくるかもしれません。

孤独で心が凍ってしまいそうなときも本当は一人ではないんです。
必ずそばにあなたを守ってくれる存在がいるんです。
それでも信じられなければ天使を呼んでみて。
天使は必ず答えをくれます。

天使とか妖精とか、目に見えないものなんかちゃんちゃらおかしくて
信じられないというときは、携帯から電話をしてリアルな知人に
助けを求めてください。
そのときは素直に自分の今の気持ちを表現してね。

この世界に必要のない人なんていません。
恥ずかしいことなんて何もない。

ただ自分の人生を、今を精いっぱい生きるだけ。

人の人生は生きられないけど。
みんな違うけどみんなつながっているんです。
一人ぽっちなんてないんです。
今、何にフォーカスしていますか?

この世界には美しいことだってたくさんありますよ。

頭のリモコンも大切に、電池切れにしないでくださいね~


バラの都苑7

バラの都苑5








コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。