暦のお話

07 /23 2014
13の月の手帳は7月26日から始まります。

でも、どうして7月26日なの?
と、ちょっと調べてみました。


thX9PQ6F0I.jpg



空で一番大きく輝く星、シリウス。
エジプトやマヤなど、古代の人々は、
この星を銀河の目印にしていました。

天体が太陽を伴って東の地平線から昇る現象を
ヘリアカルライジングと言うそうですが、
あの一番に光り輝くシリウスのヘリアカルライジングが
ちょうど7月26日にあたるということなのでした。

太陽が出る前に、惑星が見え始めるなんて、
ステキですね

この日は、母なるナイルの氾濫期の始まりに
一致していました。
そして、氾濫後の土壌の変化、それぞれの作物の
収穫状況などから新しい暦が創られていきます。

太陽暦の始まりです。

古代、文明が栄えた国々では暦も発達していて
何種類もの暦が同時期に使われていたのだとか。

旧暦、新暦というだけでもこんがらがっちゃう私ですが、
なぜかこの手帳に惹かれて楽しんでいます



青い手帳



暦というのは、時間を区切るためのものなのですね。

私はそのように改めて考えたことはないですけど、
ほんのちょっと暦の歴史に触れただけで、いろんな
気づきや発見がありました。

少しずつ書いていきたいなと思っています。

ところで、26日が一年の始まりだとすると・・・

今日は23日だから・・・年末だっ!!

頭の中にある古いごちゃごちゃは解き放って、
お部屋も綺麗にして、ちょっとスッキリしよう。

・・・と思ったけど、二十四節気では今日は大暑
暑さは極みに達するという・・・・

暑くてお掃除も気乗りしません(笑)
でもちょっとだけ自分の内面を静かに
見つめてみようと思います。


あ、それから・・・・


13の月の手帳の一年のさいごの日、
7月25日は「時間をはずした日」として
カレンダーからも外されています。

そのかわり真っ白な1ページになっています。

この日は、それぞれの文化を通じて
私たちの星の平和を願う日だとされています。

この気持ちは一年中持ち続けていたいですが、
意識して一日を過ごせたらいいな。

時間をはずした日には、「日本の心」を中心に
大切に過ごしてみたいと思います。

昔々、ずっと昔の日本の暦からは、
いつも時間がはずれていました・・・・とさ(#^^#)




             つづく









コメント

非公開コメント

年始に間に合いました!
中身を読みましたが、難しいですね...。
ちょうど26日は休みが取れていました。

色々な事を考え、感じる日にしたいと思います。

40ちょっとのおじさんさんへ

間に合ったのですね(*^▽^*)

もうご存知かもしれないのですが、
13の月の暦のことを詳しく
書いてありました。

http://www.lawoftime.org/jp/home.html

私は手帳にその時の気持ちとか
身体の調子などの様子を書き込む
ところから始めてみようと思います。

自分のサイクルに気づくかな(*^^)

40ちょっとのおじさんさん、
楽しんでつかっていきましょうね♪

いつもありがとうございます!

ありがとうございました。
今日7月25日は、私もリセットのため
大事に過ごしたいと思っております。

明日も大切ですし、新月もやってきます。
週末は「考える」時間が増えそうです。

40ちょっとのおじさんさんへ

明日はお休みを取ることができたのですね。
お休みの日もお忙しそうですけど、
なんだかちょっと新鮮な気持ちで
いられそうですね。

私も自分の内面で迎える新年で、
それもおもしろいかなって思っています(#^.^#)

二日目は新月ですよね!
わくわくしますv-22

40ちょっとのおじさんさん、明日も暑そうですが、
お身体に気をつけてお過ごしくださいね♪

新年ですよ~(≧▽≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。