新月 2014

Moon
12 /14 2014



新月で迎えた2014年。

今年最後の新月は、冬至と重なるのだそうですよ。
これは朔旦冬至といって、19年に一度のことなのです。

一年で最も日が短い冬至は、一年で一番暗い日。
陰陽道や方位学では、陰のエネルギーが強く、
闇が濃くなる日だと言われています。
これは、死から再生。闇から光へと変化する日。

柚子湯に浸かり、かぼちゃをいただくと、風邪をひかず
健康に過ごせると伝えられてきましたよね。

月と太陽が同じ方向(合の状態)となり、
月が見えなくなる新月の日。

月(潜在意識)と太陽(顕在意識)が重なるこの日に
紙に書いた願い事は、潜在意識に働きかけてくれて
その願い事は叶うと言われています。

新月の願い事、これまでだってその通りになってきましたよね

2014年の朔旦冬至は12月22日です。

闇から光へ
そして満ちていくエネルギーで、

心に秘めた想い、熱い心を紙に書いてくださいね。




コメント

非公開コメント

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。