香りの魔法

天使とアロマのお話
01 /05 2015
あろま


先日知り合いの女性に合ったアロマオイルをブレンドしているとき、
いつもはこれまでずっと苦手だった香りに癒されていることに
気づきました。

いくつかあるのですが、これまで絶対に受け付けなかった2種類の
アロマエッセンスのお話です。

一つ目はサイプレス

男性化粧品にもよく使われる、ヒノキに似た香りです。
ヒノキのお風呂は好きなのに、なぜかこの精油はダメでした。

サイプレスは心を落ち着かせ、生理前のイライラにも効く
浄化作用に優れた精油です。
またむくみを取る働きもしっかりしてくれるので、
特に下半身、脚のむくみや疲れを取るのに効果的なんですよ。

これまで自分で使うことは避けていたのに、なぜかそのときは
「いい香り~」と感じて自分でもびっくりでした。

最近の自分を振り返るとちょっと興味があったので、
スピリチュアルアロマの精油のメッセージを確認してみました。

スピリチュアルアロマでは、そのときの心の状態も
わかるので、占いみたいでとても楽しいのです


サイプレスの香りが苦手な時(以前の私)

古い自分に固執してるとき。
「卒業式を迎えたくないとき」


うんうん、自分が変わることにとても抵抗がありました。
ちゃんとしなきゃ。子どものために、私がしっかりしなきゃ・・と
めちゃくちゃ肩に力が入ってました。


サイプレスの香りが欲しい時(現在の私)

一つの学びのサイクルを終え、新たなステップに
踏み出したいと思っているとき


少しだけ、自分の中に変化があるのは確かですが。。。


サイプレスは転換期をサポートしてくれる精油なのです。
力強いスッキリしたウッディーな香りは、男性的で
パワフルにサポートしてくれそうです。
太陽神経叢(第三チャクラ)に作用してくれます。


それから、もうひとつの香り。
それはイランイラン

イランイランはマレー語で「花の中の花」という意味があります。
女性にとってとても安心できる香りと言われています。
不安やパニック、恐怖などを取り除いて幸福感に包まれる香り。

この官能的でエキゾチックな香りが気持ちを解きほぐしてくれます。

催淫効果があり、インドネシアでは新婚カップルが夜を過ごすベッドに
イランイランの花びらをまき散らす美しく素敵な習慣があります。

シャネルの香水にもよく使われていますし・・・

こんな魅力的な香りを今まで受け入れられなかったのです。私。


イランイランの香りが苦手な時

自分のセクシュアリティや、女性性を否定している。
繊細な感情にふたをしている。


イランイランの香りが欲しい時

感情と官能に正直になろうとしている。
自分の中の女性性と美しさを素直に受け入れようとしている。


イランイランの香りは、感情と官能を結びつけようと教えてくれます。
自分の中の女性性を受け入れてセックスを楽しめるように。。。

愛すること、愛されたいと思う気持ち、そんな心にふたをする・・・
私にはありました。
すごくいけないことのように感じたりするのです。

その理由はひとそれぞれだけど、どちらの自分でも構わない。
その気持ちを受け入れて解すことが出来たら、もう少し
優しくてかわいい女性になれるかもです。


今まで彼とのことで悩んで泣いている女の子に
今起きていること、それに感情面のことばかりにフォーカスして
お話を聞いていましたが、それだけではない、まだ大切なことが
ありそう。。。

今は、男性も女性も中性化してるといいますから、
二人でこの香りに包まれるというのはとてもいいことなのかも♪

男らしく、女らしくというよりも、本当の自分に素直になれる
魔法の香りなのかもしれません。



もし、今ご自身で気になっている香りがある方は、
コメント欄でもメールフォームでも、ご連絡くだされば
こんな感じですごーく簡単ではありますが、お答えすることが
出来ますので、よろしかったらお気軽にどうぞ

急にこの香りが受けれられなくなったとか、
ずっとこの香りだけが好き・・・とか。
そんな感じで・・・・。

占い感覚で楽しんで


私は今年も色と香りのある暮らしを楽しんでいきたいと思います









コメント

非公開コメント

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。