アイリーン・キャディの生命の法則

優しい時間
01 /26 2015
126788025241216314092__MG_8499[1]



花は時が来るとこのように美しく咲きますよね。

よく、宇宙にはすべて必要なものが今ここにある、なんて言います。

…んなこと言ったってどこにあるのかもわからないし・・・と
つい口に出してしまいそうです。
今の私には何もないのよ・・・と。

でも、どうやらそれはちゃんと用意されてるらしいのですよ。

私たちも花と同じように、生命のリズムというものがあって、
ちゃーんとその時が来れば花開くことが出来るはずなんですって。


その時というのは、準備が出来たとき。

つまり、自分の心の声を聴いて、やるべきことをやってきて
受け取る準備が出来た人ならいつでも引き出せるように
なっているのだそうです。

でも、ただ待ってるだけでは何も見えないの。

受け取るためにはちゃんと求めなきゃいけない。
声に出し、行動を起こすことをまずする。

準備も出来ていないのに、宇宙がそれを押し付けることはないので
とにかくどんどん求めていくこと・・・なのだそうです。


本当の流れには逆らえないんです。


たとえば、赤ちゃんはお母さんのおなかの中に10か月間いますが、
いくら居心地がよくてもずっとその中にいることは出来ませんよね。

中でどのように過ごそうかと自分で世界を切り開くことは出来ます。

でもいつまでもそこにはいられない。
赤ちゃんは生まれてきたとき、命綱である「へその緒」を切る
必要があります。

この世界で生きていくと決めた以上、もうあの中には戻れません。

私は自分で自分のことをずいぶん優柔不断だと思ってきたけど、
こんな私でもすごい決意でこの世界に生まれてきてるんだなと
ちょっと誇れちゃいますよ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・


つらい時、思うように動けないとき、つい前いた場所が懐かしくなって
引き返したくなるけど、この人生の「本物の流れ」に乗っているときは
引き返せないのです。

ひな鳥が卵の殻の中に戻ることも、蝶がさなぎに戻ることもできないの。
生命に後戻りはありえない。。。






常に前へ前へと進み続けるのが生命の変わらざる法則なのです。
古い殻を脱ぎ捨てなさい。



   - アイリーン・キャディ -




コメント

非公開コメント

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。