こころと根っこ

優しい時間
05 /11 2015





庭の河津桜に実がなってます。
花が咲いた後はちゃーんと実がなって、
新しい種が出来るのね。

その種が落ちてそこから芽が出て・・・
生命が繰り返されていきます。

人間も同じ。
この世界に生まれてきて、成長して
やがて次の世代を産み、育て、死んでいく。

災害に遭って、一見枯れてしまったように見えた木の枝に、
ある日新しい芽が顔を出してるのを見ました。
それは根っこが生きているから。
花は咲かなくても、葉っぱがなくても根っこがあれば
生きていける。

私たち人間には心がある。
心は私たちの根っこなのだと思うの。

あの本を読んだとき、心が豊かになった。
あの歌を聴いたとき、心が輝いた。

心は何百年も何千年も生き続ける。

人の心がある限り、あの物語もあの歌も
生き続けてゆくことでしょう。

感動があるから人は生きてゆけるのでしょう。















コメント

非公開コメント

hisa

人生は喜びに溢れ、とても美しい。
日々を大切に暮らしています。